特徴・泉質

泉質

ナトリウムー塩化物泉低張性弱アルカリ性高温泉
泉温|46.5℃(飲用不可)

塩化物泉

海水成分に似た食塩を含み、無色透明の湯です。
温泉成分が皮膚に膜をつくるので、保温効果がよく、肌をしっとりと保湿します。湯冷めしにくい事から「熱の湯」といわれています。

弱アルカリ性

たかもりの湯は水素イオン濃度(pH)が8.1なので弱アルカリ性のお湯です。アルカリ性のお湯はよく「石鹸」に例えられ、お肌を自然にクレンジングします。その効果で余計な皮脂分を落としてくれます。

一般的適応症

筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽いコレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進。

一般的禁忌症

急性疾患(特に熱があるとき)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、重い肺の病気、重い肝臓の病気、消火管出血、出血性疾患、高度の貧血、身体衰弱の著しい場合、慢性の病気の急性増悪期